2016.11.14

地元ブロガーが教える、昭和レトロな雰囲気が楽しめるスポット #蒲田

再開発でどんどん新しく、キレイになって行く街並み。
それは良い事でもあるけれど、どこか寂しく感じてしまう。
そんな時、まだ昭和の香りのする場所へと、つい足を運んでしまうのです。
蒲田にはまだそんな昭和の雰囲気が残る場所がいくつもあります。

東急プラザ蒲田

この屋上に都内で唯一現存する屋上観覧車があります。

14%e8%a6%b3%e8%a6%a7%e8%bb%8a-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc初代の観覧車が出来たのは1968年。
わたしが小さい頃は、デパートの屋上は観覧車に限らず子供が遊べる小さな遊園地となっていました。
東急プラザの観覧車はその後二代目となり、
2014年3月、東急プラザの改装に伴い閉鎖することになっていましたが、存続を望む声が多く、
同年10月のリニューアルで新しいカラーリングで復活となりました。
映画や漫画でも使われているこの都内唯一の観覧車に乗って、ゆっくりと景色を眺めながら昭和に浸ってみてはいかがでしょうか。

純喫茶チェリー

昭和といえば、カフェではなく喫茶店。
純喫茶チェリー』は昭和35年創業の昭和な雰囲気の喫茶店です。

14%e8%a6%b3%e8%a6%a7%e8%bb%8a外観は3年程前に改装し新しくなっているけれど、店内のあちこちにはまだ昭和の雰囲気が残っています。

15%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc蒲田にかつて映画の撮影所があり、映画館が20軒もあった最先端の街だったあの頃を想像しながら、
こんな店内でお店の名物「焼きチーズカレー」や「ナポリタン」を「クリームソーダ」と一緒にいただいたら昭和に戻ったような感覚になりそう。

16%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc

鳥万

日が暮れたら、次に行きたくなるのは大衆酒場。蒲田にはお財布にやさしい飲食店がたくさんあるけれど、
その中でも「蒲田に来たらまずはここ!」というお店が『鳥万』です。

17%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bcこのビル丸々『鳥万』で1階から4階まで、いつも大勢のお客さんで賑わうお店です。
まずはバイスサワーで乾杯!

18%e9%b3%a5%e4%b8%87同じ大田区内にあるコダマ飲料のバイスサワーは蒲田だけでなく、あちこちの大衆酒場でジワジワと人気が広まっています。
どことなく駄菓子屋さんで味わったことのあるような風味とこの色になぜかそそられます。
店内の壁に所狭しと貼られている手書きの短冊メニュー。

19%e9%b3%a5%e4%b8%87どれも安くて何にしようか迷ってしまいますが、まずは売り切れてしまうことも多い名物の「若鶏の唐揚げ」を。

20%e9%b3%a5%e4%b8%87からりと香ばしく揚げられた衣はしっかり味がついていて、お酒がすすみます。
わいわいガヤガヤとにぎやかな店内はどの顔も笑顔で、蒲田のこんな肩の凝らないゆるい雰囲気が大好きです。

時間が早ければ、この後銭湯で一汗流すのもおすすめです。大田区は都内最多40軒以上の銭湯があり、
「黒湯」と呼ばれる源泉を利用した銭湯もあります。蒲田にも銭湯が何軒もあるので是非どうぞ。

書いてくれた人

kimimatsu

蒲田在住ブロガー

ブログ:悪あがき女製作所

このエントリーをはてなブックマークに追加