2016.3.23

東大生お部屋紹介 〜日当たりと街並みで、住まいを決めるべし〜

キャンパスが移るにあたって引越しを考えている東大生、これから一人暮らししたいという東大生、そして現在一人暮らしをしている東大生も、他の人たちが「どうやってその物件を選んだのか」・「どうして最寄駅をそこにしたのか」・「お部屋にこだわりはあるのか」などなど気になっていることは多いのではないでしょうか。

そんな方のために、実際に一人暮らしをしている東大生にリポート

この記事がみなさんのお部屋決めの一助となることを願ってやみません。

さて、今回ご紹介するのは千駄木にある東京大学2年生工学部建築学科内定のSくんのお宅。鹿児島県出身なのに九州男子感が全くなく、一言も方言を使わないことがチャームポイントの彼。3年生になると本郷キャンパスに通学することとなるので、この春休み中に引っ越されたそうです。もっぱらの悩みは、せっかく新しいお部屋に満足しているのに、建築学科ならではのキャンパスで泊まり込みの作業に追われそうだということです。

お部屋紹介

Sくんに下記の項目で5段階で評価してもらいました!

◆ 最寄駅 千駄木

◆ 家賃  83,000円 ★★★☆☆

◆ 間取り ワンルーム10畳 ★★★★☆

◆ 築年数 30年 ★★☆☆☆

◆ 駅徒歩 徒歩2分 ★★★★★

◆ 本郷キャンパスへのアクセス 自転車で10分 ★★★★☆

◆ その他 バストイレ別◯・南窓◯・角部屋◯・斜線制限

※斜線制限とは、通風や採光といった周囲の建物への影響を配慮し、建物の上部が斜めに切り取られていることを指します。そのため斜線制限が行われている建築物の最上階は部屋が下階に比べ小さくなってしまうこともあるんです。

419A1639_1

洋室 部屋の真ん中から北方面を撮影

419A1630_3

洋室 180° 回転して部屋の真ん中から南方面を撮影

419A1627_1

浴室

419A1628_1

洗面所

100044815449_co

間取り図

築年数の古さは思わせない、綺麗なお部屋でした。10畳もあるとソファも置けてのんびりできるそうです♪

ただ最上階のため斜線制限があり、下の階と同じ家賃なのに少し狭いそうです …

日々の楽しみは、ベッドに転がりながら映画を観たり、近所に住んでいる東大生を呼んでみんなで鍋をすることだそうです。

書いてくれた人

シンジ

ヘッドホンをかけてMacBook Airを片手に駒場に通う東大生。実はどこかのおぼっちゃんらしいが、真相は不明。多くを語らず、たまにひとりでフフッと笑っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加