2016.12.14

【鎌倉駅前蔵書室】鎌倉駅前に出現した会員制図書館で、飲み物片手にゆったり時間を #鎌倉

鎌倉駅前にとてもユニークな空間が誕生しました。その名は『かまくら駅前蔵書室』、通称「カマゾウ」。

鎌倉駅東口から徒歩1分、東急ストアの前の小径にある古いビルの3階を利用した、いわば会員制の図書館のようなスペースです。
狭いビルの入口から階段を上って行き、はじめて入室すると、「まるで秘密基地みたいだ」と思うかもしれません。
現在、会員は170名ほどおり、小さな部屋の壁に所狭しと並ぶ本の数々は、すべて会員が持ち寄った「贈書」による「蔵書」だそうです。

01%e3%82%ab%e3%83%9e%e3%82%be%e3%82%a6%e5%85%a5%e5%8f%a302%e3%82%ab%e3%83%9e%e3%82%be%e3%82%a6%e5%ae%a4%e5%86%85■「カマゾウ」ってどんな場所?

まずは、「カマゾウ」の仕組みを説明しましょう。
「カマゾウ」は会員制の図書館。入会時に入会費一万円と、一冊以上の鎌倉に関する本を寄付すると、その後は一年間、営業時間内であれば、何回でも何時間でも利用し放題。
しかも、本が読み放題というだけでなく、飲み物も1回の利用につきコーヒーは2杯まで無料。そのほかの飲み物は1杯無料。ときには会員さんが持ち寄ったオヤツが置いてあることもあります。
また、面白いのは図書館なのに、「私語厳禁」ではなく「私語解禁」になっており、鎌倉が好きな会員同士の情報交換の場になり、新しい企画やアイデアが生まれたこともあります。
なお、鎌倉市民でなくても「カマゾウ」の会員になることができます。中には千葉県在住の人もいるそうです。鎌倉が好きでちょくちょく遊びに来る人なら、十分、元が取れるのではないでしょうか。

03%e4%bc%9a%e5%93%a1%e3%81%8c%e3%80%8c%e8%b4%88%e6%9b%b8%e3%80%8d%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%8c%e8%94%b5%e6%9b%b8%e3%80%8d04%e9%a3%b2%e3%81%bf%e7%89%a9%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e3%82%82%e3%81%82%e3%82%8a■ギャラリー利用やワークショップ開催も!

会員になると、なんと無料で写真や絵画を展示するギャラリーとして使うことも可能。もちろん、狭い空間なので、展示できる作品の数は限られますが……。筆者も一度、鎌倉の桜の写真展を開催させてもらったことがあります。
また、ワークショップや講演会を開催する会員さんもいたりして、どんどん面白いことが始まり、ワクワク感が止まらない。「カマゾウ」は、そんな場所。05%e5%ae%a4%e9%95%b7%e3%81%ae%e9%88%b4%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%82%a2%e3%81%8c%e5%85%89%e3%82%8b%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%a1%88
室長の鈴木章夫さんは、
「会員さん同士でおしゃべりをしてるうちに、社会的立場や、年齢、性別を超えて、普段の生活なら、なかなか出会わなそうな人たちが友達になっていくのが、カマゾウの面白いところ。
ワークショップでは年配の僧侶の方が若い人を”先生”と呼んでいたり。カマゾウは、今後もそのような”きっかけ”や”つなぎ”の場になっていければと思います」と話されます。

06%e3%82%ab%e3%83%9e%e3%82%be%e3%82%a6%e5%ae%a4%e9%95%b7%e3%81%ae%e9%88%b4%e6%9c%a8%e7%ab%a0%e5%a4%ab%e3%81%95%e3%82%93
<かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)>
住所:鎌倉市小町1-4-24 起業プラザビル3F
電話番号:050-3550-9493
開室時間:12:00~22:00(入室は21:00まで)
定休日:水曜日
公式サイト:http://www.kamakuraekimae.com/

書いてくれた人

森川孝郎

旅行コラムニスト、フォトグラファー。オールアバウト公式国内旅行ガイド。公益社団法人大磯町観光協会委員。京都・奈良・鎌倉など歴史ある街を中心に取材・撮影を行い、「楽しいだけではなく上質な旅の情報」をメディアにて発信
http://kamakuratrip.net/

このエントリーをはてなブックマークに追加