2016.12.14

憧れの湘南の風景が目の前に! 移り変わる車窓風景を楽しむ江ノ電プチ旅行 #鎌倉 #湘南

江ノ電は、鎌倉駅から大仏・長谷寺観光の玄関口である長谷駅や、鎌倉のお隣の観光地・江ノ島駅を経て、JR線・小田急線が乗入れる藤沢駅までの間、約10kmを35分で結ぶ、ミニ私鉄です。
地元の人々や鎌倉・江ノ島への観光客の足として活躍するほか、江ノ電それ自体も、その風光明媚な沿線風景や、2両または4両編成でコトコト走るかわいらしい姿などから、とても人気があります。
それでは、江ノ電の”プチ旅行”にご案内しましょう。


■鎌倉~長谷・極楽寺まで

鎌倉駅を出発した江ノ電の、最初の停車駅は和田塚駅。この駅の近くには、なんと線路をまたがないと入れない和カフェもあります。
民家の軒先をかすめるように走る江ノ電沿線には、こうした線路をまたがないと入れない家が、けっこうあったりします。01%e6%b0%91%e5%ae%b6%e3%81%ae%e8%bb%92%e5%85%88%e3%82%92%e3%81%8b%e3%81%99%e3%82%81%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%a6%e8%b5%b0%e3%82%8b%e6%b1%9f%e3%83%8e%e9%9b%bb
由比ヶ浜駅を過ぎ、鎌倉から数えて3駅目が長谷駅。大仏や長谷寺への観光に訪れる人を中心に、多くの人が乗り降りします。
長谷駅を出発した後、江ノ電唯一のトンネルをくぐると、間もなく極楽寺駅に到着。この駅周辺は、鎌倉市内でもとくに閑静なエリアで、度々、ドラマや映画のロケ地にもなります。

02%e6%b1%9f%e3%83%8e%e9%9b%bb%e5%94%af%e4%b8%80%e3%81%ae%e3%83%88%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%80%8c%e6%a5%b5%e6%a5%bd%e6%b4%9e%e3%80%8d03%e6%a5%b5%e6%a5%bd%e5%af%ba%e9%a7%85■海岸線を走る江ノ電 憧れの”湘南”の風景が目の前に!

極楽寺駅を出て、次の稲村ヶ崎駅から七里ヶ浜駅、そして、鎌倉高校前駅あたりまでは、海辺の風景の中を走ります。
とくに、江ノ電の駅の中で最も海からの距離が近く、「関東の駅100選」にも選ばれている鎌倉高校前駅周辺は、憧れの”湘南”のイメージそのまま。
また、最近は、鎌倉高校前駅の少し手前にある踏切は、人気アニメ『スラムダンク』のオープニングに登場することから、”アニメの聖地”として、海外からも多くの人が訪れています。

04%e6%b5%b7%e8%be%ba%e3%82%92%e8%b5%b0%e3%82%8b%e6%b1%9f%e3%83%8e%e9%9b%bb■路面電車区間や、江ノ電唯一の鉄橋

鎌倉高校前駅の次の腰越駅を過ぎると、車窓風景は一変し、江ノ島駅までの間は、路面電車区間になります。この道をクルマで走るのは少し怖い!

05%e8%b7%af%e9%9d%a2%e9%9b%bb%e8%bb%8a%e5%8c%ba%e9%96%93%e3%82%92%e8%b5%b0%e3%82%8b%e6%b1%9f%e3%83%8e%e9%9b%bbちょっと注目したいのは、江ノ島駅手前の商店街。ここには、なんと廃車になった江ノ電の車両の”顔”が店先にはめ込まれた和菓子屋さんがあり、名物の「江ノ電もなか」が販売されています。06%e5%92%8c%e8%8f%93%e5%ad%90%e5%b1%8b%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e5%ba%97%e5%85%88%e3%81%ab%e5%b1%95%e7%a4%ba%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e6%b1%9f%e3%83%8e%e9%9b%bbそして、江ノ島駅の次は湘南海岸公園駅に停車し、次の鵠沼(くげぬま)駅の手前で、江ノ電唯一の鉄橋「鵠沼鉄橋」を渡ります。07%e9%b5%a0%e6%b2%bc%e9%89%84%e6%a9%8b%e3%82%92%e6%b8%a1%e3%82%8b%e6%b1%9f%e3%83%8e%e9%9b%bbここから先は、閑静な住宅地を走りながらいくつかの駅に停車し、終点の藤沢駅に到着します。海あり山あり、そして路面電車の風景まで楽しめる江ノ電。わずか10kmの”プチ旅行”ながら、さまざまな電車旅の魅力がギューっと詰まっています。

書いてくれた人

森川孝郎

旅行コラムニスト、フォトグラファー。オールアバウト公式国内旅行ガイド。公益社団法人大磯町観光協会委員。京都・奈良・鎌倉など歴史ある街を中心に取材・撮影を行い、「楽しいだけではなく上質な旅の情報」をメディアにて発信
http://kamakuratrip.net/

このエントリーをはてなブックマークに追加