2016.12.16

鎌倉武士に変身?鎧を着て鎌倉の街を練り歩く「鎌倉もののふツアー」 #鎌倉

鎌倉といえば、武家の都。源頼朝が鎌倉幕府を開き、およそ140年にわたって武家政権の中心として栄えた歴史を持つ街。そんな鎌倉を歩いていると、ときおり、鎧(よろい)に身を包んだ武士の一団に遭遇することがあります。いや、それどころか、あなた自身も武士になれる、そんなツアーを紹介したいと思います。

01%e9%8e%8c%e5%80%89%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%ae%e3%81%b5%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc ■鎌倉もののふツアーに参加!

鎌倉もののふツアー」は、夏季(6月~9月)を除いて、月一回程度開催される、一般のお客さんも参加できるツアー。
『甲冑事典』などを参考にして再現した、手作り甲冑や僧兵、女性用の姫、近習(きんじゅう)などの衣装を身にまとい、写真撮影や鎌倉の街の練り歩きなどが楽しめます。

02%e8%a1%a3%e8%a3%85%e3%82%92%e7%9d%80%e3%81%a6%e3%81%ae%e8%a1%97%e6%ad%a9%e3%81%8d%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%9003%e6%b5%b7%e3%81%b8%ef%bc%81また、ツアーの最後には、鎌倉時代の戦場での食事を再現した陣中食「鎌倉もののふメシ」を食べることができるのも大好評。その内容を見ると、焼きおにぎり、梅干し、小魚の煮干し、納豆など、現在も日常的に食べているものが多いことにす。

「鎌倉もののふツアー」催の情は、「鎌倉もののふ隊」のホームページやフェイスブックページで告知され、鎌倉周辺のみならず、遠方からの参加者も多く、東北から参加するリピーターもいるそうです。

04%e9%8e%8c%e5%80%89%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%ae%e3%81%b5%e3%83%a1%e3%82%b7■もののふツアーだけでなく、演劇も

「鎌倉もののふ隊」の代表、鎌倉智士(さとし)さんは、
「もののふ隊を旗揚げしたのは2011年。観光客の方々に鎌倉武士の体験をしていただき、鎌倉観光を盛り上げたいという地域振興の目的もありますが、鎌倉は何度も戦場になったことから、建物工事の際には骨が出てくることも多い。
その上で我々は生活させていただいていることから、そうした地下に眠るご先祖様への、鎮魂の意味も込めて活動をはじめました」と話します。
「もののふ隊」で最近、力を入れているのが、鎌倉の歴史を題材とする演劇『鎌倉四兄弟 -最後の晩餐-』。
鎌倉に源頼朝がやってくる前に、鎌倉の地を治めていた一族の兄弟を主人公とする物語で、鎌倉さんが書いた原作を元に脚本家に芝居の台本を書いてもらい、劇団とコラボするなどして様々な場所で演じています。
普段は保育士の仕事をしている鎌倉さんは、子供たちに鎌倉の正しい歴史や郷土芸能を伝えることが使命と感じているそうですが、演劇はその延長。より多くの人に鎌倉の正しい歴史を、今後も伝えていきたいそうです。05%e6%bc%94%e5%8a%87%e3%80%8e%e9%8e%8c%e5%80%89%e5%9b%9b%e5%85%84%e5%bc%9f%e3%80%80%ef%bc%8d%e6%9c%80%e5%be%8c%e3%81%ae%e6%99%a9%e9%a4%90%ef%bc%8d%e3%80%8f
<鎌倉もののふ隊>
公式サイト:http://izakamakura.jp/

書いてくれた人

森川孝郎

旅行コラムニスト、フォトグラファー。オールアバウト公式国内旅行ガイド。公益社団法人大磯町観光協会委員。京都・奈良・鎌倉など歴史ある街を中心に取材・撮影を行い、「楽しいだけではなく上質な旅の情報」をメディアにて発信
http://kamakuratrip.net/

このエントリーをはてなブックマークに追加