2016.12.19

愛知に住んで初めて知る、ソウルフードの「鬼まん」とは? 鬼まん店巡りの巻 #名古屋

名古屋といえば、名古屋メシ!

味噌煮込みうどんに櫃まぶし、味噌かつに小倉トースト 食べてみたいものがいろいろありますよね。

ところで、「鬼まんじゅう」をご存知でしょうか?

私は名古屋に住むまで知りませんでした。鬼まんじゅう、略して「鬼まん」。角切りサツマイモがごろごろと入った見た目が特徴的な、小麦粉&砂糖&サツマイモを混ぜた生地を蒸したおやつです。愛知・岐阜県内のスーパーや和菓子屋さんではだいたい売られていて、家庭でもよく手作りされているので、名古屋メシとしてはどて煮と並んで深く浸透しているローカルフードではないでしょうか。お芋の甘みを活かした素朴な味わいには、ほっこりしてしまうはず。

 

名古屋に来たならぜひ1個買ってみてほしい、鬼まんじゅう。今回はオススメの有名店を3店ご紹介します。

 鬼まんじゅうの代表格、「梅花堂」さんのこれぞTHE 鬼まんじゅう!

suzuki_oniman2_baikado

鬼まんじゅうといえば、必ず名前が挙がる覚王山の「梅花堂」。黄色くツヤっとした表面に大きな角切りサツマイモがゴロゴロと見えるルックスは、これぞ鬼まんじゅう。生地の密度がとても高くねっとりとしていて、もはや全体としてひとつの濃厚な芋ようかん。芋の自然な甘みとコクを存分に楽しめる一品です。

suzuki_oniman3_baikado昔ながらの包みがまたいい感じ。午後には売切れ必至なので、早めに伺うか予約していくといい。

 

<梅花堂>
名古屋市千種区末盛通1-6-2 (地下鉄東山線覚王山駅よりすぐ)
TEL/ 052-751-8025
営業時間/ 8:0017:00(鬼まんじゅうは9:15~)、不定休

 

 名古屋駅でも買って帰れる、「吉芋」さんのふっくら鬼まんじゅう

 suzuki_oniman4_kichiimo

吉芋さんというと、細切り芋ケンピの「吉芋花火」が有名で、鉄板の手土産として私もよく買っていきます。

そちらの鬼まんじゅうは、これまたおもたせに良さそうな小ぶりのサイズ。

コロっと丸みのある可愛らしいシルエットに、小粒の芋を混ぜ込んだスタイルが独特です。芋が細かいため食感が柔らかくなめらかで、小さなお子さんやお年寄りの方へのお土産としても気に入ってもらえそう。

suzuki_oniman5_kichiimo

本店は覚王山にありますが、名古屋駅の名鉄百貨店や栄の松坂屋にも出店しているので、買いにいきやすい。芋好きにはたまらない商品ばかりです。

 

<覚王山 吉芋>
・本店:
名古屋市千種区日進通5-2-4 (地下鉄東山線覚王山駅より徒歩約10分)
TEL/ 052-763-2010
営業時間/ 10:0018:00、無休(年末年始を除く)

・名古屋駅店:
名古屋市中村区名駅1-2-1 名鉄百貨店B1 (名鉄名古屋駅よりすぐ)
TEL/ 052-585-2179
営業時間/ 10:0020:00、無休(元旦を除く)

 

安納芋のやさしい甘さにほっこり。「芋花恋」さんの鬼まんじゅう

suzuki_oniman6_imokaren芋花恋さんの鬼まんじゅうは、種子島産安納紅蜜芋を使用。素朴な味わいの生地が安納芋の甘みをさらに引き立てていて、お芋が楽しみで食べ進めたくなります。

suzuki_oniman7_imokaren愛知県内に数店舗出店されていて、中部国際空港セントレアにもお店があります。少しずつ試食させてもらえるのもうれしい。


<芋花恋>
・本店:
名古屋市名東区藤森2-1-1 (地下鉄東山線本郷駅より徒歩約10分)
TEL/ 052-778-1313
営業時間/ 10:0019:30、無休

 

なんだか響きはおっかない鬼まんじゅう。

どんなまんじゅうかと思いきや、サツマイモの味を活かした蒸しパンのようなほっこりおやつでした。各店、各家庭によって味が違うので名古屋に来たときにはぜひ食べ比べてみてくださいね。

 

書いてくれた人

鈴木かな

名古屋に引っ越してきた二児のママ。知れば知るほど、愛知・岐阜・三重にはまだまだ県民にも知られていない魅力が。東海地方のイベントやグルメ情報を中心に、気ままに探索&発信中です

ホームページ http://ordinarylifeinnagoya.com/

instagram https://www.instagram.com/ordinarylifeinnagoya/

このエントリーをはてなブックマークに追加