2017.1.5

京の通りを遊ぶ2 三条通りでチョコレートショップ巡り #烏丸御池・京都市役所前

『京の通りを遊ぶ1』の終点

寺町三条から三条通りを西へ進み、御幸町通りとの交差を下る(南に行く)と左側にあるチョコレートショップが、天日干しカカオ豆のオーガニックローカカオパウダーから作られた板チョコを売っている【COCO

%e3%82%b3%e3%82%b3

こちらのビーントゥバー製法のひとくちチョコレートは、ニンニク・ウコン・ユーグレナなどのスーパーフードをプラスしてあり、美しい体を作るサプリメント的なチョコレート。また板チョコも砂糖と乳製品を使わずフルーツと植物とハチミツの天然の甘みのみになっていて、健康にも配慮された人に優しいチョコレートです。

店内には、自家製アーモンドミルクや酵素ドリンクもテイクアウトで販売されているので、チョコレートと一緒に買って、なお健康で美しくなるのはいかがでしょう?

三条通りに戻り西へ

麩屋町通りを越えて富小路通り手前左側にあるのがショコラティエ
ジャン=ポール・エヴァン】の日本初路面旗艦店。

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3

京都店のコンセプトは「パリらしさ」
外観は京都の街にも溶け込むシックな色合い、カフェスペースもスタイリシュでありながら落ち着いた雰囲気。

チョコレートは白味噌風味のムース オ ショコラなど京都限定のアイテムもあり楽しめます。
オープン時はチョコレートでできたエッフェル塔もありました。

さらに西へ

富小路通りを越え次の柳馬場通りを下ると右側にあるのがニューヨークSOHO発祥の
マリベル京都本店

%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%99%e3%83%ab

細い路地を通り奥へ進むと町家をリノベした建物、中に入ると淡いブルーを基調にした小さいながらも、ゴージャスな雰囲気のチョコレートショップ。2階にはカフェも併設、アンティークな家具が配置された同じくゴージャスな雰囲気。

マリベルのガナッシュチョコレートには、一粒一粒にアートが施され、それを詰める箱はブルーボックスと言われ、こちらも淡いブルーの綺麗な箱になっているので女性へのプレゼントにもおすすめ。

また三条通りに戻り堺町通り手前右側にあるのが
ベルアメール京都別邸

%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab

町家をリノベした建物に入ると坪庭には敷石や砂利、中に入ると剥き出しの梁や障子など日本古来の設えが随所に見られる素敵な空間。

チョコレートも日本酒や日本茶、きな粉などの和食材を加えた「日本に合うショコラ作りを目指す」ベルアメール独自の品揃え。新作はショコラ羊羮。

カフェも併設されショコラバーと名前はついていますが、町家カフェの雰囲気で落ち着けます。

200メートルちょっとの間にチョコレートショップが4軒もあり、最近は「チョコレート通り」と呼ばれています!

 

書いてくれた人

ペンネーム

section6

自己紹介 京都在住、一人でまちぶら、
食べあるきをしています

京のランチ
http://ameblo.jp/aquagarege2004 

このエントリーをはてなブックマークに追加