2017.1.19

水辺の街、豊洲をSUPで巡る Part 2 #豊洲

SUP(スタントアップパドルボード、通称サップ)で、豊洲の街を水辺からご紹介する第2回。

普段なかなか見る事ができない「水辺からの視点」を体験できるというのは、SUPの魅力の1つですが、普段、何気なく通っている晴海大橋も、SUPから見上げるとこんな見え方に!

img_2361

なかなかの迫力!ちなみに現在、首都高速晴海線はこれまでの豊洲出入口から晴海出入口までの延伸工事をしており、平成29年度の完成予定とのこと。銀座近辺から湾岸線に出るのがスムーズになりそうです。

 

晴海大橋を抜けると、目に飛び込んでくるモスラのような不思議な施設。

img_2363これは201612月にオープンしたばかりの「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」。全天候型60メートル陸上トラック6コースを有した施設で、元プロ陸上選手である為末大さんが館長を務めています。そのコンセプトは健常者や障がい者、子ども達が垣根を越えて利用できるランニングステーション。なかなかユニークな施設ですね。

 

また、そのすぐそばには、全方位型の劇空間を創出する新たな劇場「IHI StageAround TOKYO」が2017年春にオープン予定。巨大な円形客席が360°回転しながら鑑賞する舞台空間、というこれまで味わったことのない体験ができるとのこと。こちらも今から楽しみ!img_2380

 

そのまま建設中の豊洲大橋をくぐると見えてくるのが、何かと世間をお騒がせ中の豊洲新市場水産仲卸売場棟。本来であれば、2016年の11月に開場予定だったのですが、皆さまご存知の通りすったもんだとなってしまい・・・安全対策を済ませ無事に開場となることを祈っています!

img_2389

豊洲市場が建設されているのは「新豊洲」と呼ばれる広大なエリアで、もともとは東京ガスの工場跡地。市場の施設はすでに完成していますが、市場に隣接する桟橋も整備されていました。

img_2403陸路だけでなく、水路からも直接新市場に鮮魚が運び込まれるのかもかもしれませんね!

 

豊洲埠頭の先端もあとわずか。そのまま漕ぎ進むと・・・

img_2414皆さん、ご存知「レインボーブリッジ」が目の前に。水上からのこの景色は圧巻です!さらにこの日は・・・

 

img_2411東京湾の水上から望む「富士山」まで!なんとも興奮するひとときに。

 

Part 3に続く~

書いてくれた人

Dai

豊洲在住、2児のパパ。PUNKSUPと辛いモノが好き。

Blog: http://toyosu-sup.hatenablog.com/

TRIP: https://trip-u.com/2285

このエントリーをはてなブックマークに追加