2017.2.2

札幌から20分の街に広がる絶景。江別市・酪農学園大学 #江別

冬の北海道の絶景というと、皆さんはどこを思い浮かべますか?富良野や美瑛、帯広が有名どころでしょうか。
畑一面が雪に覆われている、まさに冬の北海道を代表する場所です。

実は、江別市にも、これらの名所に匹敵する場所があります。
その名も、酪農学園大学

江別市は札幌市の隣町。札幌駅から電車で約20(快速なら約15)の場所に、それはあります。
「酪農学園」の名前の通り、酪農や農業を専門的に学べる大学です。大学の校舎よりも、牛舎や畑の方が広いくらい。まさに、北海道の農村風景が広がっています。国道12号線沿いに散策することや、公道の通行はできます。ただし、学生寮や校舎、畑や牛舎への侵入は禁止です。
※畑への侵入は厳禁です。
※立ち入り禁止区域、通行止め区域があります。絶対に入らないでください。

fig1

国道12号線から見た白樺並木。 

fig2

青空の日に散歩するのが気持ちいいです。

fig3

精農寮。中には入れません。

fig4

手前の雪原は水田。レンガの街・江別にふさわしい風景です。

fig5

小動物の足跡。札幌近郊の街にも動物が住んでいます。
※野生動物を見つけても絶対に手を触れたり、餌を与えたりしないでください。
※キツネは触るとエキノコックスを媒介します。手を触れないでください。

fig6

白樺並木。景観賞にも選ばれています。※冬季は通行止めです。

fig7

青空にシラカバの白さが映えます。目の覚めるような色です。

fig8

雪に覆われた畑。美瑛や帯広と比肩するくらい美しい風景が広がっています。
酪農学園大学には、美瑛や帯広に負けないくらいの絶景が広がっています。わずか3ヶ月しか見られない農村風景です。
畑への侵入は絶対に禁止。マナーを守って散策してください。

 

<施設概要>
****************************************************
場所:酪農学園大学
アクセス:JR函館本線大麻駅より、徒歩約15~20
****************************************************

 

書いてくれた人

夏澄

道景写真家。1986年北海道生まれ。札幌市を中心に道内各地の風景や動物、植物を撮影。個人ブログで撮影した写真や一眼レフカメラの知識、写真撮影テクニック、北海道の魅力を発信している。

個人HP&ブログ:道景写真家・夏澄のホームページ([道景写真]で検索)

HP: http://doukei-photo.com

ブログ:http://doukei-photo.com/blog-3

このエントリーをはてなブックマークに追加