2017.2.9

江別レンガの商業施設「エブリ」特集 #江別 #野幌

日本一の赤レンガの生産地である江別市は、様々な場所で趣のあるレンガ造りの建物を楽しむことができます。

今日は、レンガ造りの建物を利用した江別市野幌にある商業施設「ËBRI」(エブリ)をたっぷりご紹介しますね!

JR野幌駅より徒歩5分です。

2月祭のイベントが盛り上がっていましたよ~(^^)

「江別アンテナショップ GET’S」では、土佐文旦フェアを212日(日)まで開催中です!

高知県土佐市は、江別市の友好都市です♪

ビタミンCたっぷりの文旦をはじめ、生かつお節など土佐市の美味しい物産が販売されていましたよ。

 

休憩に、美味しいコーヒーはいかがですか?

豆の芯までふっくらと煎り上げ、焙煎鮮度にこだわったコーヒー豆が自慢の「NOPPORO COFFEE」

NOPPOROブレンド」コーヒーとピザトーストを頂きました。

香りと苦みのバランスがよかったです。美味しかったので、コーヒー豆を買って帰りました♪

 

「BRICK HUT」(ブリックハット)は、石窯で焼き上げたスイートポテトが自慢のさつまいも専門店です。

甘すぎなくて美味しいスイートポテト!

「魅惑のチーズタルト」は、紫芋のクリームが入っていました。

「愛しのさつまップルパイ」、甘酸っぱいリンゴとサツマイモ、カスタードのコラボが新鮮でした!

 

大きな薪窯と地元江別食材で作る絶品のイタリア料理が楽しめるのは、「IL Mattone ARLES」(イルマットーネアルル)

イルマットーネとは、イタリア語「レンガ」の意味だそうです。

エブリ内にてレストラン、スイーツ、パンの各部門に分かれて展開する新業態のイタリアンです。

江別で育まれた小麦の味わいを楽しめるパン。レストランで楽しめるほか、販売コーナーもありますよ。

エブリに訪れた際は、必ずパンをお土産に買って帰ります♪

江別のレンガを見立てた香ばしい「フォカッチャイルマットーネ」は、セリ科のハーブ「ウイキョウ」が入っているそうです。

ほうれん草のチャバッタ、色々なお料理に合いそうなパニョッタも、とても美味しかったです!

レストランのランチは、選べるメイン料理とハーフビュッフェスタイルを楽しめます。

モチモチのピッツァは絶品ですし、パスタも美味しいですよ♪

スイーツコーナーもオススメです!

お土産に大人気の美味しいシュークリーム「サクもちシュー」がオススメです。

 

「えぶり市場」では、江別ならではの旬の野菜や食材が揃います!

八百屋さんの道産食彩HUG「まちのやおや」、厚岸漁港直送の「ことぶきや」が出店されていますよ。

この時期は北海道産のほうれん草やハウス栽培の山菜、九州の柑橘類など、安くて美味しい旬の野菜たちに出会えます。

江別市角山にある「太田ファーム」の新鮮で美味しい卵を買うことも出来ます(^^)

カントリーマーケットのコーナーでは、かわいい手作り雑貨やアンティーク雑貨を購入できますよ。

 

魅力いっぱいのエブリ、いかがでしたか?ぜひ、足を運んでみて下さいね。

 

ËBRI

北海道江別市東野幌町3-3

011-398-9570

http://www.ebri-nopporo.com/

書いてくれた人

福島 陽子

札幌円山在住の野菜ソムリエ。

円山を街ブラして見つけたお店や季節の最新情報、ステキな食材を使った私の手料理をブログで紹介しています!

日本野菜ソムリエ協会札幌支社のブログでも、野菜についての記事を書かせて頂いています。

福陽ブログ:http://yyyouko14.xsrv.jp/
日本野菜ソムリエ協会札幌支社ブログ:
http://vf.way-nifty.com/sapporo/

このエントリーをはてなブックマークに追加