2017.2.23

帰り道に立ち寄りたい札幌の隠れ家カフェ # 北12条

隠れ家的なカフェを知っていると〝通〟な感じがしませんか?
私はします!!!

そこで今回は、最近私が見つけた隠れ家風のカフェを紹介します。北12条駅から歩いて分程度の一画に、「苺館」札幌市北区北14条西3丁目1−33)というカフェがあります。

▲この看板が目印です

石造りの建物で、ひっそりと佇むその外観はまさに隠れ家というのにふさわしい古民家風カフェです。昔ながらの木のドアを開け店内に入ると、昭和の面影を残すアンティークなインテリアが目に入ります。

パチパチと音を立てて店内を暖めるだるまストーブ。他にも木目ピアノや招き猫、昭和を感じるインテリア達。クラシック音楽が流れる店内は、静かでいて、どこか日常を忘れさせてくれる、そんな雰囲気でした。

メニューはケーキセットの他に、カレーやパスタ、グラタンなどフードメニューも充実しています。ケーキセットは種類ある今日のケーキのなかからつ選び、紅茶かコーヒーと一緒に楽しめます。ケーキにはテイクアウトもあるので、時間のない人もこのケーキを味わうことができます。カフェというと高価なイメージがありましたが、ここのカフェはリーズナブルな価格設定なので、学生の懐に優しいです。

今回私は、リンゴとナッツのタルトとホットティーをいただきました。タルトは甘さを主張し過ぎず、甘党じゃない私でも美味しく頂けました!タルトなので生地は固めかと思っていたらふんわりと柔らかいタルト生地で食べやすかったです。

ティーセットも本格的でした。白く広い受け口のカップは紅茶の香りと色を同時に楽しめるデザイン。カップに紅茶を注いだ瞬間、茶葉のいい香りが鼻腔をくすぐります。一口飲めば口いっぱいに紅茶の香りが広がりました。目で楽しみ、鼻で楽しみ、口で楽しむ。たくさんの感覚を使って楽しむ紅茶との時間はまさに〝至福〟と言っても過言ではなかったです。

今回頼んだのはケーキセットだったので紅茶の種類は決まっていましたが、単品で注文すれば、いくつもあるドリンクの種類の中から選ぶことができます。次来る時はどの種類の紅茶にするか今から楽しみです!

今回訪ねた苺館は、大人数で行くより、人や人で訪れる方がいいかなと思います。落ち着いた雰囲気なので、読書や大学の空き講の休憩、仕事帰りにふらっと立ち寄るのに最適です。また、待ち合わせまでの時間あわせに使うのもいいかもしれませんね!

フードメニューも充実していました。ランチやディナー時に寄ってみてはいかがでしょうか。きっと満足して頂けるはずです。静かな居心地のいい雰囲気に、きっと長居したくなってしまいます。

今回は取材を兼ねた入店だったため、ゆっくりと過ごすことはできませんでしたが、次回訪ねるときは、本を片手にゆったりと紅茶を楽しみたいです。

苺館はカフェ本来の醍醐味である、時間を忘れてくつろげる空間を提供してくれます。友だち同士の会話を楽しめる賑やかなカフェもいいですが、時折、静かなカフェで人の時間を楽しんでみてはいかかでしょうか?

書いてくれた人

山田 いつき

藤女子大学で広告研究会やってます。ねこが好きです。

Twitter:
https://twitter.com/fujijoshi_koken

このエントリーをはてなブックマークに追加