2017.2.26

京つけもの「もり」の変わり種漬物 #山ノ内・西大路御池

京都で文化を語る上で外せないのが漬物。
何軒か好意にしている漬物屋があるが、
最近は近場の「もり」の三条店で買う事が多い。
わり大根、里ごぼう、青しそ大根、ゆず大根、
そしてなすに胡瓜と、大体が定番的な漬物に終始している。

実際の店頭には、あれ!こんなモノが漬物に?
と思うものが結構並んでいるが、固定観念と云うか、
年を重ねると中々新しいものには手が出せなくなる。
たまには新しめの素材に挑戦してみるのもと思い、
今回は清水の舞台から飛び降りるつもりで物色()

ずみずしい甘味のある玉ねぎを、
甘酢ベースで漬け込んだ「味わい漬たまねぎ」。
これはなかなか実験的な?

ほとんどの漬物は試食できるので、
基本的に当たり外れは起こらない(嬉)。

柚子の香りとしょうゆ味の「柚子長いも」
サクサクとした歯ごたえが心地よい!

何と!オリーブも漬物になっている?
塩漬けオリーブに柚子を香り付けした
綺麗な色の「柚子おりーぶ」。
ワイン愛好者向けの商品らしい!

出た!カボチャの漬物。
「浅漬けかぼちゃ」は前から気になっていたが、
何もカボチャを漬物にして食べなくとも、
伝統的な煮炊きで食べる方が!
と、身も蓋もない言い方は置いといて・・・

店員の方は、若採りカボチャを皮まで柔らかく漬込み
使用しているが、煮炊きに使用するカボチャとは
違う種類を使っていると言っていたが・・・

騙されたと思って試食せず買ってみる()

家に戻ってから、
適当な大きさ23ミリ程度にカットして試食。
かなり薄めだが、ポリポリ、パリパリ感は半端ない?
瓜の漬物?嫌、まったく違う。
もっとハッキリとした存在感、甘味もある。
そして時間差で唐辛子のピリッと感と不思議とメロンの香り?
人間の固定観念なんかは、余り当てにならない。
食わず嫌いの愚かさを知らしめる逸品だった。

店名:京つけもの「もり」本社三条店
住所:京都市右京区西院金槌町15-7
営業時間:9:0018:00
定休日:年中無休

書いてくれた人

京一堂

二十歳過ぎに京都に移り住んで早40年。
酸いも甘いも噛み分けるまでに至らないが、
百花繚乱の京都、四季の寺院や庭園の風景等、
自分好みの諸々を織り交ぜて綴っております。

京都三昧、書き候
http://ameblo.jp/kyo-bonbon

このエントリーをはてなブックマークに追加