2016.10.11

New Open! アトレ恵比寿西館の楽しみ方1 〜恵比寿に暮らす人が日常的に気軽に通える場所〜 #恵比寿

2016415日、恵比寿西口に「アトレ恵比寿西館」が開業しました。

1997年に開業した「アトレ恵比寿」を本館とし、その40%の大きさで、恵比寿駅西口ロータリーに面した場所にオープンしたのが西館です。西館は地上8階、地下1階で、27の店舗が入り、本館と連絡通路でつながっています。コンセプトは、“恵比寿に暮らす人が日常的に気軽に通える場所”。だから、従来のアトレよりも飲食店の比率を高くしたそうです。食べること、飲むことは、毎日の暮らしに欠かせませんものね。

ebis11

例えば、西館には日常の食の助っ人であるスーパーが2軒入っています。地下1階の「ザ・ガーデン自由が丘」と、本館3Fと連絡通路でつながる西館4Fの「成城石井」です。

ebis12 

「ザ・ガーデン自由が丘」は、野菜や魚、肉などの生鮮食品をはじめ、国内外のバラエティ豊かな食品や食材、酒類などが揃うスーパーマーケットです。「成城石井」は、こだわりの輸入食品やスイーツ、惣菜、ワインなどが人気です。

ebis132軒とも夜は11時まで営業していますから、恵比寿に住む人にとって、夜遅い帰宅時でも、駅ビルに日常の食を買えるスーパーがあるのはポイント高いですよね。

 

 

朝食はパン派、という方には、パリのバゲットコンクールで2010年と2015年に優勝したブーランジェリー「Le Greniere à Pain  ル・グルニエ・ア・パン」(4F)は、たまらないのではないでしょうか?

 ebis14

看板商品のバゲットはフランス産の小麦粉を使用し、1300円。こんなに手軽にパリ一番のバゲットが買えるなんて!フランス産小麦、ライ麦、全粒粉の3種の粉をブレンドしたパン・ド・トロワは、ライ麦の酸味に全粒粉の香ばしさが加わり、むっちりして味わい深いハードパンです。噛みしめるたびにシアワセを感じます。ドライフルーツやクルミ入りのハード系パンも美味。ハード系好きにはたまらない店です。

 ebis15 ebis16 フランス本店の製法と味をそのまま再現しているクロワッサンも、フランス産の小麦粉とバターを使っています。バターの風味が濃厚で、皮はサクサクパリッ!中はしっとりリッチ。デニッシュ系もあれこれ目移りします。

ebis17

 イートインコーナーがあるのも嬉しいポイント。籠盛りパン+好きなドリンク+ フランス産フレッシュバター&自家製ジャム付きの「朝のセットメニュー」(10:0011:30) 1,000円(税抜)があり、休日ブランチにピッタリ。食べ切れないパン用に、持ち帰り袋が用意されています。心憎い気配りに感激です。

 ebis18 ケーキ、焼き菓子といったスイーツ類も充実していますので、悩んでいた手土産も、ここで解決。ケーキとコーヒーをイートインで楽しむ、という手もあります。

こんな店が近所にあったら最高!

 

 

書いてくれた人

綿引まゆみ

ワインジャーナリストとして、ワイン専門誌、料理系雑誌、総合webメディアなどで記事を執筆。セミナー、トークショー、海外ワインコンクール審査員など幅広く活躍。チーズプロフェッショナル、ビアソムリエ、コーヒー&ティーアドバイザーの資格も所有。 

公式ブログ http://blog.goo.ne.jp/may_w/

Facebook https://www.facebook.com/mayumi.watabiki.3

このエントリーをはてなブックマークに追加