2017.5.12

京都の奥座敷 大原へ

 京都に住んでいると、少し遠出しただけで、たくさんの素敵でゆったりとした光景に出合えます。その一つが京都の奥座敷といわれる大原です。大原へは、京都駅、四条河原町駅、京阪出町柳駅から京都バスがでています。大原のバス停を下車して歩くと、すぐそばにこんな素敵な光景が。とってものどかです。 大原には、いくつかのお寺があります。その一つが寂光院です。寂光院は天台宗の尼寺で、聖徳太子が御父用明天皇の菩提を弔うために建立されたとのこと。寂光院の本殿は、十年ほど前に不慮の火災により本堂が焼失したのですが、現在は新しい本殿が再建されています。本堂の中には地蔵菩薩さまが優しいお顔で鎮座されています。 新緑のまぶしい季節に伺うと新緑の香りがしてくるのではないかと思うくらい、素敵な光景です。次に、三千院へ。三千院に向かう途中には、茶店や旅館があり、お団子や、甘味、中には温泉が入れるところや、おいしい手作りのお味噌のお鍋が食べられるところも。 私は紫蘇ジュースをいただきました。三千院に到着しました。三千院は天台宗のお寺で、見るも圧倒する国宝や重要文化財の大仏様が鎮座されています。 こちらも新緑のまぶしい季節に伺うと、本当に心が洗われるように素敵な緑色です。  私はこのお地蔵様が大好きです。こちらはわらべ地蔵といって、穏やかなお顔に心が癒されるのです。最後は、宝泉院でお抹茶をいただくのはいかがでしょうか。 宝泉院には「額縁の庭園」という樹齢700年の五葉の松を中心とした庭園があり、それを見ながらお抹茶がいただけます。 お抹茶を見ながら天井を見てみると、こちらは血天井。慶長五年関ヶ原合戦前、徳川の忠臣・鳥居元忠以下数百名が豊臣の大軍と戦い伏見城 中で自刃したのです。その武将達の霊をなぐさめ、自刃した床板を天井にして祀り、供養しています。様々な歴史を感じられるパワースポット、大原。足を延ばして行ってみませんか。

書いてくれた人

わか

様々なスポットで写真を撮ったり、おいしい食べ物を食べることが大好きです。
このエントリーをはてなブックマークに追加