2016.9.30

ここはあくまでも“仕事の場”──正田啓介さん#渋谷

富ヶ谷には気軽に息抜きが出来る場所がある

 正田さんの現在の活動場所は、渋谷とはいえ都会の喧騒から少し離れた富ヶ谷周辺。最近では奥渋谷とも呼ばれ、渋谷駅からも歩いて数十分。京王井の頭線・神泉駅や東京メトロ・代々木公園駅、代々木八幡駅などのアクセスもよく、人気の街でもある。穴場のカフェや雑貨店、ギャラリー、それに昔ながらの商店街だからこそ楽しいお祭りなど、地元密着なショップやイベントが多いのも魅力である。「利便性は多少大事だけど、もうちょっと居心地がいい場所を探し求めてこの地を見つけました」と語る正田さん。

 「富ヶ谷って渋谷に近いですけど、代々木公園も近い。シティボーイ&シティガールはたくさん住んでいるけれど、昔ながらの商店街も充実していて、スローライフに憧れている人も住んでいる感じなんです。僕もどちらかというと渋谷に住んでいてもゆったりとしたライフスタイルに比重を置いていきたい」

 広めの1Kながら家賃も大台前後とお安めなところも魅力という正田さん。富ヶ谷にはまた特別な思いがあるようだ。

 「近所に『 Bondi Coffee Sandwiches 』(ボンダイ コーヒー サンドウィッチーズ)というコーヒースタンドがあり、ここはお気に入りの店の1つ。僕自身ノマドな生活に憧れていて、家で仕事をすることは滅多にないのですが、どうしてもってときにすぐに気軽に息抜きが出来る場所。他にもゆったりできるお店が渋谷周辺には、まだまだたくさんあるような気がします」

 読者の中には渋谷に住むなんて、さぞお稼ぎに違いないという方もいるかと思う。そんな読者に向け正田さんは語る。

 「よく友人たちと話しますが、特別に高級取りじゃなくても渋谷に住めると思いますよ。もちろん築年数が経った激安の物件もあるし、物件はピンキリでありますし……、どこに比重をおくかですよね。」

 

話してくれた人

KEISUKE SHODA / アート・ディレクター

栃木県出身。ESP専門学校卒業後、Web制作会社に入社。2013年、独立。14年、クリエイティブ エージェンシー「H-BBB」にアート・ディレクターとして活躍後、2014年7月から2016年5月までWWD JAPAN.com シニア・デザイナーとして所属。2016年6月より、レディース・ブランド「 Henza Los Angeles」クリエイティブ・ディレクターに就任。また、フリーランスのアート・ディレクターとして、さまざまなファッション・ブランドのアート・ディレクションに携わる。

話を聞いてくれた人

Tomotaka Hoshide

クラブミュージック専門誌「グルーヴ」、女性ライフスタイルファッション誌「ルイール」元編集長。現在は、フリーランスエディターとして執筆はもとより、書籍、ウェブサイトのディレクションなど幅広い分野で活躍中。