2017.4.20

路面電車のある景色。“東京っぽくない”ローカルな温かさが魅力 ── 伊井紗マイさん #上町

仕事も遊びも、まずはバスで渋谷へ

 伊井紗さんが今の部屋に住んでみて一番気に入ったというのが、家の目の前に東急バスのバス停があること。

「実は引っ越してくるまで家の前の通りがバス通りだと知らなかったんです! 駅まで歩いて10分。歩くのは苦にならないタイプなのでまぁいいかなと思っていました。それが住んでみると、家の前のバス停から上町駅や渋谷駅行きのバスに乗ることができるとわかって、ラッキーでした。しかも5分おきくらいにバスが来るほど本数が多くて、渋谷からの終バスは深夜の1時過ぎまであるんです。バスの便利さを知ってしまった今は、ほぼ毎日バスを使っています」

 特に仕事で行くことの多い渋谷へはバスで1本。ほかのどのエリアへも一度渋谷に出てしまえば行きやすいので、仕事でもプライベートでも伊井紗さんの移動にはこのバスがなくてはならない存在になっているようだ。ちなみに、渋谷行きのバス路線は、上町駅発着のほかに小田急線の祖師ヶ谷大蔵駅、成城学園駅発着など複数あって便利だ。

馬事公苑はJRAが運営する馬事普及の拠点。施設工事整備で休苑中

買い物は自宅近く、ご飯は駅周りが充実

 駅から遠いなら普段の買い物はどこで?という質問には、家の近くにスーパーやコンビニが充実していて不便は全く感じないとのこと。

「今、住んでいる馬事公苑周辺は、近くに東京農業大学があったり戸建てのお家が多いからだと思うんですが、意外とお店がたくさんあるんです。特にスタバTSUTAYAが入っているコリーヌという小さな商業施設にはよく行きます。家の近くにあるスパイスマジックというインド料理屋さんもすごくおいしくてお気に入りです」

 また最近はバス利用が多いと言う伊井紗さんだが、電車に乗らなくても駅周りにある行きつけの店にはよく足を運んでいるそう。

「駅からすぐのベトナム料理店のサイゴンはアジアンフードがそろっていて、ランチも人気です。肉まんがおいしい鹿港(ルーガン)はすごく有名らしくて、いつも大行列! それから、シカモアっていうおそば屋さんは雰囲気もよくて、お酒も飲めるのでよく行きます」

ベトナム料理が楽しめるサイゴン

話してくれた人

伊井紗マイ いいさまい

愛知県名古屋市出身のシンガー。東京を中心にクラブイベントなどに出演。その透き通るような歌声が魅力でソロ曲が『すぐ婚!navi』のCMソングにも起用されたほか、DJなど多方面で活動中。現在は、RAYMOND(The SAMOS、mold)改めSIKANDAと共にユニット“The Ghost Drum”として活動中。夏前に新作をリリース予定。

Instagramhttps://instagram.com/iisa_mai/
Facebook:https://m.facebook.com/iisamai.113

話を聞いてくれた人

石橋夏江 いしばしなつえ

編集プロダクションverb所属。女性誌で料理、インテリアなど生活周りの記事を担当するほか、旅行、恋愛、仕事といったテーマの記事を雑誌やウェブサイトで執筆する。街歩き好きなのに方向音痴なため、プライベートでも取材でも間違いなく迷子になるのが悩み。