2016.2.23

■ 東大生の引っ越し体験(6)ヤバい、退去通知出しちゃった!

審査待ち

田町に希望の物件を見つけ、入居申し込みをしました。入居を申し込むと審査をされます。その人が本当に家賃を払い続けられるかを見ているわけです。その結果を待っているのが今なのです。

申し込みから引き渡しは意外に時間がかかる

申し込みをしたあと、審査を経て通過後契約に移り、その後引き渡しされるわけですが、この流れが時間がかかります!

① 入居を申し込む

  <審査に必要な書類を集める>

② 審査に入る(1日~1週間)

  <通過する>

③ 重要事項説明

④ 契約

⑤ 初期費用支払い

⑥ 引き渡し(=鍵ゲット!)

この引き渡しでようやくカギを受け取って、自分の部屋になり、引っ越しができます。

09416e519b4c7ea7a84b7f764153015a_s

不動産屋さん的には、この全過程は約2週間程度見ておくべきだと言っていました。

確かに、審査に1週間かかるとすると、対面が原則の重要事項説明を考慮すれば全部で2週間というのは妥当な気がしますね。

退去通知を出したのが早すぎた

まあでも意外に時間がかかるものだというのは良しとしましょう。そういうものだと納得できます。

ただ僕は特別に急ぐ必要があった。

なんと僕は部屋探しを始める前にもう退去通知を出しちゃったのです…!

退去通知というのは、今住んでいる家を出ていくということを不動産屋さんに言うことです。それを言って初めてその翌々月の家賃を払わずに済みます。

新しいところが決まってから出すのがふつう。確かに退去通知には新しい住所を書く欄がありました。でもどうしても2月中に引っ越しを終えたかった僕は、「2月中てことは1月末に退去通知を出さないといけないのでは?」と考え、勢いで出してしまったのです!

その思考回路自体は間違っていません。愚かのは、なんならちょっと忙しいのに、2月中にゼロから引っ越しを終えられるというその計画性のなさ!

今の物件に申し込みをしたのは2月ちょうど真ん中あたりですから、もうあと2週間で2月が終わる!超ギリギリ!

もしかしたらホームレスになるかもしれない…!ホームレス東大生とか誰も笑わないぞ。

引っ越し計画を立てるのもまた文明人には求められるのです。

無謀なことはやめましょう。

3a6a6a752bc2e7ebff69dd191b6eaa63_sホームレス東大生の図 ※画像はイメージです

少しでも引っ越し準備を進めよう

そんなわけでもう残された時間は多くありません。だから今できることをします。

前向きさもまた僕の持ち味の一つなのです。

bce4ea892470de55a29e91fbd10a92f1_s

次に待ち受けるのは引っ越しです。いよいよメインイベントですね。この「部屋を探して契約して引っ越す」という一連の流れ全体をまさに「引っ越しする」というわけですから、荷物を運ぶことがメインといって全くいいすぎではありません!

審査に通るかまだ分からないうちですが、少しでも準備を進めるということでこの「荷物を詰めて運ぶ」流れへの準備がいかに大変であるかをお送りします。

次回、

東大生の引っ越し体験(7)引っ越しへの片づけがマジで大変!

乞うご期待!

書いてくれた人

サトナカ

ざんばら頭につぶらな瞳をした、ひとなつっこい東大生。頭脳を駆使した仕事に就きたいと思っており、やたらよくしゃべる。甲子園に出たらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加