2016.5.10

【ヤマオカの部屋づくり】 ダイニングテーブル現る!

どうも、山岡です。前回までの話はこうでした。安易な「~風」はチグハグでイケてない場合も多く、そうならないためにはさらに踏み込んだ「キーワード設定」をして挑むことが大事。「そう言う山岡はどうなの?」「理想の部屋に近づくダイニングテーブルは見つかったわけ??」という声がそろそろ聞こえてきそうです。なので今回はちゃんと見せますよ、私が見つけたダイニングテーブル!

google画像検索で実際こんなのが出てきた

私の理想は映画『かもめ食堂』のような、家族団らんの「ぬくもり」や「優しさ」に満ちた部屋。理想にぴったりの家具を見つけるには、最初からあちこちの通販サイトを渡り歩くのではなく、まず「google画像検索」で探します。これ一発でイメージ通りのものが出てくることがあるんですよ。というわけでブラウザを立ち上げてキーワードを入力していきます。まずは「北欧」と「ダイニングテーブル」。そしてここで終わらせないのがポイント。前回設定したキーワード、「ぬくもり」と「優しさ」も追加します。Enterキーを押して、はい、こちらが検索結果です。

yamaoka#3_photo_1

自分の考えていた北欧風ってそうそうこれこれ!

おーーー、いくつかいいのがヒットしてるじゃないですか。家族の団らんを演出する木のぬくもりや優しさ。自分の考えていた北欧風のイメージが検索結果の中にあります。「なんでキーワードを入れると、狙いの画像が見つかるの??」と疑問を持った人もいますよね。それは商品につけられたキャッチコピーなどにキーワードが入っているからです。つまりその道のプロが商品の良さを宣伝するために考えたキーワードと、私の入力したキーワードが一致したってことですね。

さて、イメージ通りの商品が検索結果に出てきました。あと気になるのは予算。高かったらどうしよう??とドキドキしながら、気になった画像をぽちっとしてみた結果が以下になります。

 

① ホワイトアッシュ無垢ダイニング 「NOR」

yamaoka#3_photo_2

◆ ラッカー塗装
 幅160×奥行き80×高さ72㎝
※    出典:http://www.dining-room.interiorlife.jp/goods_TH4060003522303.html

気になるお値段は税込み6万6800円、どーん! う、ちょい高いけど、なんとかなるかな…

 

②    アッシュ突き板ダイニング 「WOOD LAND」

yamaoka#3_photo_3

 ウレタン塗装
 幅160×奥行き75×高さ69㎝
※ 出典:http://simplemodern-interior.jp/dining-sofa/products/detail.php?product_id=15

値段は税込み4万824円。無垢じゃなくて突き板だからお手頃ですね。

あともうひとつあげるとすると、これかな。

 

③    タモ無垢ダイニング 「Ma Maison」

yamaoka#3_photo_4

 ラッカー塗装
 幅150×奥行き80×高さ70㎝
※ 出典:https://www.door-door.jp/48_2388.html

こちらのお値段は税込み5万1624円。

 

結局私が選んだのは③になりました。雰囲気的には①が好きだったのですが、なんと品切れ(涙)。大手通販サイトにもあたったのですが完売だそうです。結果、無垢への憧れもあり③にすることに。奥さんが価格に納得してくれたのも大きいです。

次にするのは部屋全体を同じテーマで揃えていくこと

こうしてイメージするダイニングテーブルに辿り着きましたが、理想の部屋づくりはここからが本当のスタートです。なぜならダイニングテーブルだけが理想に近くてもそれは部屋のほんの一部。周りの家具やアイテムは以前から使っているものなので、当然、部屋全体でみるとチグハグ。ダイニングテーブル一つだけでは理想は実現しないのです。(それでも新しいダイニングテーブルはそれだけで気持ちがいいですけどね)。予算の問題もあり一度に全部は揃えられないので「北欧」「ぬくもり」「優しさ」というキーワードに沿って少しずつ理想の部屋へと近づいていきたいと思います。

書いてくれた人

山岡

1974年生まれ/小さな子どものいる父親兼愛妻家。子育てや教育情報などに興味津々な映画ライター。人生に必要な知恵はすべて映画から学んだので、子どもにも幼いうちから危機管理のために『ゾンビ』や『13日の金曜日』を見せるなど英才教育に余念がない。

このエントリーをはてなブックマークに追加