2017.4.13

30歳過ぎて初めてのひとり暮らし【家具・家電探し編】

 初めてのひとり暮らしも1年が過ぎました。狭いと思っていた部屋も、ものを増やさないように意識することで現在もとても快適に過ごせています。初めて家具や家電を揃えた際の重視したポイントをまとめてみました。


家電は消耗品だと考える


●洗濯機・電子レンジ・冷蔵庫一式  47,304円
 ソフマップの新生活セットで設置代込みで安く揃えました。洗濯機は特に室外設置の場合、日光による劣化が激しいです。完全に消耗品として考えたほうが良さそうです。 洗濯機はもちろんあったほうが便利ですが福岡ではコインランドリーが多く見られ活用している人も多いです。日当たりが悪い、帰りが深夜で遅いので洗濯機を回せない(騒音問題)などの懸念がある方は洗濯機を持たないという選択肢もありです。中には洗濯物を折りたたんでくれるサービス付きのランドリーも。

●テレビ24V型14,800円

 初期不良など返品されたものを格安で売っているアウトレットを利用。私は家電の初期不良に当たる率が非常に高く、あえてアウトレットを利用することで回避しています。その他、炊飯器・掃除機は友人にお古を譲ってもらい、ストーブ・ドライヤー・コーヒーメーカーなどは実家から持ってきました。

 


苦手なものにこそお金を出す


 ひとり暮らしは自分で何もかもしないといけません。そこで自分の苦手分野には、あまりケチらず比較的質の良いもので揃えました。● 朝日が苦手 → ニトリの遮光性の高いカーテンを購入 4,990円+レースカーテン2,990円

 少し厚めの生地だと、遮光性を期待できるだけでなく断熱効果も高いので冬は暖かく夏は涼しいので実際かなりの省エネに。 レースカーテンは光は通すけど、外から室内が透けないものがベストです。

● 洗濯がめんどくさい → バスタオルを辞める。大きめの物干しハンガーを購入 1,500円 バスタオルは大きくかさ張り、乾きも遅い。フェイスタオルより少し大きめのビッグフェイスタオル 490円 にチェンジして使いやすく。※上がビッグフェイスタオル。下が通常のフェイスタオルのサイズ。

 物干しハンガーは洗濯バサミ部分が指の痛くならない素材でできた、40ピンチの大きめ、かつ邪魔にならないギリギリのサイズで。使わない時は収納もでき、洗濯のストレスを軽減。

● 料理が面倒くさい → 調理器具は徹底的に吟味して購入

 鉄のフライパン6,372円、ティファールの圧力鍋\12,570円はひとり暮らしでは大きすぎるサイズですが、長く使える一生ものとして購入。ひとり暮らしサイズが逆に割高だったりもします。鉄のフライパンは特にお手入れが楽なうえ、何を作っても美味しく仕上がり、食べすぎてしまうのが悩み。あまりに気に入り実家に同じものをプレゼントしました。圧力鍋は、カレーなどの調理時間の短縮に大きく貢献。自炊が楽しくなりました。

● 腰痛がひどい → ネットで腰痛対策マットレスを購入 12,990円

 ベッドフレームは安価のものにした代わりにマットは吟味。同時にマットの上に敷くお布団3点セット(6,912円)も購入。友人が遊びに来た時は布団を床に敷き、布団かベッド、好きな方で寝てもらいます。反省点は、ベッドシーツを安売りのもので済ませてしまったので色がチグハグ。肌触りもイマイチな点です。

●植物を枯らす → フェイクグリーンにする

 私はサボテンですら見事に枯らしました(笑)。出張多かったり、マメでない性格の人は、フェイクの観葉植物をおすすめします。 niko and…(ニコアンド)で取り扱っている「いなざうるす屋」のフェイクグリーンは種類も豊富でフェイクっぽさがなくておすすめです。写真に写っている観葉植物はいなざうるす屋のフェイクグリーンです。


● 整理整頓が苦手 → ベッド下を徹底活用。

 クローゼットがとても狭かったのでベッド下をすべて収納にあてています。ニトリで購入した布製のバスケットで統一。忙しい朝でもサッと取り出せるよう種類別にわけてあり、ベッド下の奥の方には夏服などを圧縮袋に詰めて隠しています。あまりきちんとたたまずポイッと収納していますが見えていなければセーフだと思っています(笑) 。

● インテリアが苦手 → 無地で揃える。色は3色まで。

 柄物は飽きてしまうと感じ、シンプルイズベストを目指しました。実家では物が多い&センスが無い事を反省し新居では「手を出して良い色」を限定することに。ベースは、壁や床がホワイトでしたので、棚など大きな物は白で。メインとするベッドやカーテン、カーペットなどは馴染みやすいグレーで。アクセントとなるイスや観葉植物、小さな雑貨類は渋めのグリーンでと意識しながら家具を揃えました。

 ちなみにメインをグレーにするのには秘密があります。ホコリの色がグレーなので多少のホコリが目立ちにくいというズボラな理由です。実際は女性の部屋にしては地味ですが、もともと地味な女なので、これが地味に落ち着きます。


●初期に揃えた家具家電の金額(お値段高い順) ※すべて購入当時の金額

洗濯機・電子レンジ・冷蔵庫一式 —– 47,304円
収納付きパソコンデスク —– 18,298円
テレビ —– 14,800円
腰痛対策マットレス —– 12,990円
圧力鍋 —– 12,570円
カーテン+レースカーテン —– 7,980円
ベッド —– 7,490円
イス —– 6,990円
お布団3点セット —– 6,912円
フライパン —– 6,372円
ベッド下収納バスケット6個 —– 4,794円
 シャワーラック —– 2,200円
フェイクグリーン —– 2,000円
物干しハンガー —– 1,500円
タオル2枚 —– 980円
____________________

合計金額 —– 140,610円


●家具家電選びのポイント

・楽天などネットショップのポイント倍率デーにまとめ買い!(今回16,712ポイントGET)
・消耗品は安く。長く使えるものはケチらず!
・部屋のテーマカラーを決めてから家具選びをする!
・ズボラな人は隠す収納で!

書いてくれた人

まりも

2016年2月に長崎から職と食を求めて福岡へ。30過ぎて初めての一人暮らしを経験。趣味は気になるお店の食べ歩きです。食べ物の写真を眺めていると幸せ気分です。

ブログ ガケップティ 
http://gake-petit.xyz/
ツイッター 
http://twitter.com/malimo_gake

このエントリーをはてなブックマークに追加