2017.7.6

突撃!恵比寿住民座談会【まとめ編】 ここが恵比寿の、スーパー・病院・子育てスポット・オフタイムスポットだ!

いつか住みたい街として人気の高い恵比寿ですが、実際に住むには不便なのでは?」という疑問を抱いた我々編集部。これまで3回に渡って恵比寿住民にヒアリングをさせてもらってきました。

【第1回】生活編:https://www.jibun-chukai.jp/journal/special/6818/
【第2回】オフタイム編:https://www.jibun-chukai.jp/journal/special/6816/
【第3回】子育て編:https://www.jibun-chukai.jp/journal/special/6821/

今回はそれらのヒアリングで得た情報の総集編として、食料品を買う「スーパー」、万が一のときの「病院」、子どもを連れて行きたい「子育てスポット」「オフタイムスポット」の4つについてまとめてご紹介していきます!


▼目次


【スーパー】 恵比寿駅西口側に集中! 足を伸ばして隣駅に行く人も

  1. ライフ 渋谷東店
  2. ピーコックストア 恵比寿店
  3. ピーコック 恵比寿南店
  4. ザ・ガーデン自由が丘
  5. 成城石井 アトレ恵比寿店
  6. 恵比寿三越 地下食料品売り場
  7. ローソンストア100 渋谷恵比寿二丁目
  8. 平日11時に現れる八百屋
  9. 渋谷ヒカリエ 地下食料品売り場


物価が高い印象の恵比寿ですが、日々の食料品は皆さん、どこで調達しているのでしょうか?

「お買い得価格の商品が多い」と人気だったのは、ライフ渋谷東店(★1)。渋谷と恵比寿の間にあるので、「渋谷からの帰り道に寄る」という意見が目立ちました。ピーコックストア恵比寿店(★2)・ピーコック恵比寿南店(★3)は、ライフと比べると少しだけ高いようですが、立地を考えるとちょっとしたものを買うときには重宝するそうです。

「高級だけれど、“間違いのない”ものが置いてある」とママさんたちのお墨付きをもらっていたのは、三越の地下食料品売り場(★6)。また、ライフの坂を登った神社の近くには、毎週水曜日以外の平日にオープンし、11時の開店直後からバーゲン並みの人だかりができる八百屋さんがあり、とにかく安くて質が良いのだとも教えてもらいました。さすがは家計を守るママさんたち、コアな情報までしっかりカバーしています。

恵比寿からは少し離れますが、渋谷ヒカリエ地下の食料品売り場(★9)は閉店間際になると、総菜や野菜が半額になることが多く、仕事帰りに寄るとちょうどコスパの良い買い物ができるのだそう。

恵比寿自体が他のエリアにもアクセスしやすいので、「食料品を買う場所に困らない」という方が大半でしたが、スーパーがほとんどない東口側の方は、多少の不便を感じているようでした。自炊中心の生活をする方は、西口側に住んだほうが良いかもしれませんね。


【生活編】でもっと詳しくスーパーの情報を知る!

【子育て編】でもっと詳しくスーパーの情報を知る!




【病院】 総合病院も、駅ナカクリニックも充実で安心

  1. 東京都立広尾病院
  2. 厚生中央病院
  3. アトレ内にクリニックあり
  4. 日本赤十字医療センター
  5. CAPSクリニック 代官山T-SITE
  6. 渋谷区医師会区民健康センター桜が丘診療所


次に住むにあたって押さえておきたい情報は「病院」。ちょっとした風邪のとき、万が一のときに、駆け込める近くの病院は知っておきたいですよね。

その点で言えば、恵比寿は日本赤十字医療センター(★4)や、東京都立広尾病院(★1)、厚生中央病院(★2)など、大きな病院が集まっているエリア。特に、厚生中央病院は恵比寿ガーデンプレイスの近くにあり、お子さんが学校でケガをしたときにもタクシーで行ける距離にあるので安心です。

また、恵比寿近郊にはCAPSクリニック代官山T-SITE(★5)や、渋谷区医師会区民健康センター桜が丘診療所(★6)のように、夜間や日曜日も診療してくれる施設が多いのも嬉しいところ。

駅ビルや駅周辺にもクリニックが充実しているので、風邪など軽い症状で病院にかかっておきたいときにも通勤や帰宅の途中でサッと立ち寄れて便利。恵比寿の病院事情は他のエリアと比べても良好、と言っていいのではないでしょうか。


【生活編】でもっと詳しく病院の情報を知る!

【子育て編】でもっと詳しく病院の情報を知る!




【子育てスポット】 子連れで行けるお店多し 意外と子育てしやすい街かも!?

【公園】

  1. 西郷山公園
  2. 恵比寿公園(ロケット公園)
  3. 恵比寿東公園(タコ公園)

【子供と行ける飲食店】

  1. Chano-ma
  2. HyLifepork TABLE
  3. TOOTH TOOTH


東京23区の中でも特に、出産・子育て制度が手厚い地区だと言われている渋谷区に属している恵比寿ですが、実際に子育てをする環境としてはどうなのでしょう。

恵比寿に住むママさんたちにお話を聞いてみたところ、お子さんが小さいときは、西郷山公園1)や恵比寿公園2)、恵比寿東公園3)などの公園によく連れていっていたとのこと。遊具規定の変更や子ども園新設の関係で、公園の規模が昔よりも小さくなってしまったそうですが、緑が多い恵比寿。都心の中では、意外と子育てに適した街と言えるのかもしれません。

また、お子さんを連れて入れるカフェとして挙がったのは、恵比寿からほど近い代官山の槍ヶ崎交差点近くのChano-ma1)や、La fuenteの隣にあるHyLifepork TABLE2)。「Chano-maは小上がり席が多いところが、「HyLifepork TABLE」にはテラス席があり、子どもが少し騒いでも迷惑をかけないところが、子育てママさんオススメのポイントなのだとか。

また、TOOTH TOOTH3)は、サラリーマンのランチスポットとしても賑わうカフェながら、子どもを連れて行くとソファ席に案内してもらえるなど、スタッフさんの心配りが行き届いているお店とのこと。ちなみに、ランチタイムは混みあうので、オープンしてすぐの11時半頃か、13時過ぎに入るのがねらい目だそうですよ。


【子育て編】でもっと詳しく子育てスポットの情報を知る!




【オフタイムスポット】 飲食店が充実の恵比寿 オフタイムはやっぱり楽しい

最後にご紹介するのは、オフタイムスポット。魅力的なスポットがたくさんある恵比寿ですが、そのなかで住民がいち押ししたくなるスポットを聞いてきました。



恵比寿の有名店として挙がったのは、老舗のパスタ屋さんアンクルトム。定番のたらこスパゲティのほか、ミートソース納豆などの変わり種まで、何度通っても飽きが来ないメニューの豊富さが特徴なのだとか。

また、朝まで飲んで歌っても3,000円という破格のカラオケスナック ウルトラベイビィ〜や、平均予算2,000円で楽しめる庶民的なお店でありながら、実業家や著名人が集う和飲屋(わいんや)などのディープなお店も多いようです。

また、どうしてもキメたい夜のデートにオススメなお店としてBar松虎バービンが挙がりました。Bar松虎は、真っ暗な店内に料理を炙る炎だけが浮かび、干物1品が2,000円もする、ここぞというときに使いたいデートスポット。バービンは裏道のような細い路地の奥にひっそりと佇む隠れ家的なお店で、間違いなく“恵比寿にツウな感じを出せる”のだそう。

そのほか、ガーデンプレイスの芝生で昼寝をしたり、ガーデンプレイス近くの恵比寿神社に願掛けをしに行ったりと、皆さん思い思いにオフタイムを楽しんでいる様子。夏の盆踊りや恵比寿文化祭など、地域の催しものも多いので、横のつながりが欲しい人はより楽しめる街かもしれません。


【オフタイム編】でもっと詳しくオフタイムスポットの情報を知る!




おわりに

 恵比寿住民に教えてもらった情報をギュッとまとめてお伝えしてきましたが、シングルにとっても、ファミリーにとっても総合的に見て住みよい街だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 アクセスが良く、降り立つ機会も比較的多い街だからこそ“住む街”として考えたことはないかもしれませんが、次なるライフステージの候補地の1つとして考えてみる価値はありそうです。

書いてくれた人

佐々木ののか ささきののか

フリーランス書く人。最近はインタビュー・対談構成がメインだが、ラジオCMの原稿など、書くことにまつわる守備範囲が広め。
専門分野は「家族と性愛」

Twitter : https://twitter.com/sasakinonoka

このエントリーをはてなブックマークに追加